クリアネオと塩化アルミニウムだったらどっちがワキガ対策にいい?

 

 

どんなにあなたが優れた人でも、汗や体臭がひどかったら避けられてしまいます。特にワキガを放置しておくと周囲を不快な気分にさせてしまい、迷惑になるだけでなく、あなたのイメージが「くさい人」になってしまいます…。せっかく素敵な人なのに、ワキガのせいで評価が下がってしまうのはもったいないですよね。何としてでもワキガの匂いをカバーしておきたいものです。

 

ワキガに独特な匂いは塩化アルミニウムやクリアネオを使って予防・改善する事が可能です。しかしながらこの二つだったらどちらがワキガ対策としてベターなのでしょうか


塩化アルミニウムを使う場合

 

塩化アルミニウムは、以下のポイントに従いながら使えばワキガ抑制できるでしょう。

 

・塩化アルミニウムを正しくつける

 

・塩化アルミニウムの含有量が高い制汗剤を使う
塩化アルミニウムの含有量が多ければ多い程効果が出ますが、薬局で市販されている制汗剤の大半が5%程しか塩化アルミニウムが入っていません。今まで薬局の塩化制汗剤を使っても効き目がなかった人は、きっと塩化アルミニウムが含まれてはいても、含有量が少なかったからでしょう。

 

・汗が出ていない状態で皮膚に塗る
皮膚に塗った1時間後はできる限り汗をかかないように注意しましょう。汗によって薬剤が流れてしまったら効果がなくなってしまうからです。これを防ぐためにも就寝前に塗るのが最適です。塩化アルミニウムには汗を抑えてくれる働きがありますが、これは汗に含まれるたんぱく質と結合し、毛穴を防ぐ事によって発汗作用が発揮されます。

 

ちなみに塩化アルミニウム制汗剤の中でも、デトランスαは体臭の強いヨーロッパで愛用されています。塩化アルミニウムが入っている薬剤であれば誰でも効くという保証はありませんが、日本でもすでに57万個の販売実績を誇り、その9割以上がリピーターです。
つまり9割以上の利用者がその効果に満足してリピ買いしているわけですね。それだけたくさんの人に効果があったと言えるでしょう。塗り薬なのに恐ろしく汗が止まるのにはびっくりするでしょう。

 

ただし塩化アルミニウムはあくまで制汗剤なので、どちらかというとデオトラント系です。つまり消臭効果に優れた消臭剤のような役割ではないという事です。

クリアネオの場合

 

クリアネオにもワキガ臭を抑える働きがあります。ただし使い方をきちんと正しくしなければ思うような効果は出ません。クリアネオを正しく使うには以下のポイントに従ってみてください。
・夜、入浴後に片脇1プッシュ
・お出かけ前に片脇2プッシュ

 

特に寝る前の1プッシュが重要です!これらのポイントを守るだけでもワキガ対策になります。

 

 

 

まとめ

 

どちらもワキガの臭いを薄くしてくれますが、塩化アルミニウムにはクリアネオのような消臭効果はありません。クリアネオはどちらかというと消臭剤に近い役割なので、本当に強烈なワキガの臭いを止めたい時にはおすすめです。
もしもワキガの程度が軽く、夏の暑い時期など特に臭うから気をつけたいというのであれば、塩化アルミニウムの薬剤だけでも十分ワキガ対策になる事があります。

 

 

>>クリアネオクリームの公式サイトはこちらから

 

 

関連ページ

ニットの服を着るとニオイがやばい。。。
わきがの人はニットの服をすぐにニオイが移ってしまって、周りの視線がほんとうに怖いですよね。でもニットは女の子のオシャレアイテムだし、着たい! そんな悩める女子の悩みを解決いたします。
衝撃の事実、わきがにエイトフォー(8×4)は全く効果なし!?
わきがにエイトフォー(8×4)は全く効果がないという話を聞きましたが本当なのでしょうか?本当に(8×4)が効き目ないのか調べてみました。